FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界のSHODOSHIMA」「世界のTAKARA」を目指して

 今年の漢字に「変」が選ばれました。順当なところでしょうか。
アメリカ大統領選ではオバマ氏が「CHANGE」をスローガンに掲げ、
黒人初の大統領に選ばれました。
大国アメリカも、イラクでの失態や自国発の金融パニックを引き起こし、
ここら辺で変わらなければ、という国民の強い意志の表れでしょう。
 今年一年振り返って、わがタカラグループでもCHANGEがありました。
創業60周年を迎えた今年、「教育」「クラフト」「IT」の3つを
テーマに掲げ、”工場のブランディング”というアパレル製造業の
新しいモデルを目指していくことを宣言しました。
そして、中でも「クラフト」は大きく前進することができました。
パリコレに出展するコレクションブランドに初めて挑戦し高い評価を頂き、
社員の皆がものづくりが本来もつ楽しさ、喜びを再び取り戻すことができました。
 当社のメイン工場は、発祥の地でもある瀬戸内海に浮かぶ小豆島(しょうどしま)に
ありますが、これからも世界に向けてタカラの感性、技術を発信し、夢は大きく
世界の洋服作りの発信地「世界のSHODOSHIMA」、そして「世界のTAKARA」を
目指すべく進んでいきたいと思います。
そして、来年もChangeとChallengeをしていきます・・・・。

皆様、今年一年タカラグループをご支援いただき本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

中期経営計画策定

spirits


創業以来、平成18年9月1日より、第51期がスタートしました。
皆様のお陰を持ちまして、半世紀の間、皆様とともに成長させていただいています。

第51期を迎え、タカラ・グループとしまして、新たに中期3年計画を
策定いたしています。

タカラ・スピリッツである、レボリューション・スピリッツ
あらためて基本認識し、プラン策定をスタートしました。

繊維産業は「宝の山」

20061016.jpg


システム管理室及び社長室の風景です。
ここから、ブログを書いています。

さてさて、繊研新聞の記事で「繊維産業は宝の山
という記事がありました。

日頃から、弊社におきましては、国内生産にこだわり、「モノづくり」の技術を、より一層高め、付加価値向上に研鑽を重ねてまいりました。

ここ数年、中国を始め、海外に生産拠点を移す流れが急速に膨らむ中、
敢えて、海外ではできないコトをやろうと努力してきました。

①繊維産業の「常識」が非常識
②ロスが生まれなければ「宝の山」
③情報技術を駆使した繊維産業へ


世間的といいますか、他の産業の方たちからは、
低付加価値のイメージが強いのが「繊維産業」ではありますが、
実は実は、ほんとに「宝の山」なんですよね。

わたしは、「IT産業」から「繊維産業」に
転職してきたわけですが、ほんとに「宝の山」ですよ。

「構造不況型産業」のようなイメージを、払拭して、
もっともっと人材が集まる会社にして行きたいと、
あらためて強く思いました。






«  | HOME |  »

プロフィール

takara2014

Author:takara2014
株式会社タカラ
http://www.takaragroup.co.jp

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。